ベトナム株やNFT投資/NFTゲームを発信中

日本アイドルトークンは儲かる?仮想通貨NIDTの将来性を解説

プロモーション 暗号資産/Web3

日本アイドルトークンが気になる人 「仮想通貨NIDT(Nippon Idol Token)ってどんなトークン??特徴や将来性をおしえて!!」

こんな疑問に答えます。(記事更新日:2024年2月6日)

仮想通貨NIDT(日本アイドルトークン)って今後期待できるのか、将来性を知りたいと思っていませんか?

ただ、新しいトークンなのでまとまった情報を探しづらいですよね。

そこで本記事では日本アイドルトークン(NIDT)の特徴〜今後の見込みを解説しています。

暗号資産(仮想通貨)の投資家はもちろん、Web3や新しいサービス、アイドル好きの方にとっても知っておくとワクワクする内容です!

この記事を読むと、

  • Nippon Idol Token(仮想通貨NIDT)の特徴
  • Nippon Idol Tokenの魅力や保有者特典
  • 暗号資産(仮想通貨)NIDTの将来性
  • 仮想通貨NIDTが買える取引所
  • 【2024年2月29日まで】1万円相当のNIDTをGETするキャンペーン参加方法

がわかります!

Nippon Idol Tokenはアイドルを応援できる新しいトークン

Nippon Idol Token
トークン名 Nippon Idol Token
ティッカー NIDT
発行者 株式会社オーバース
発行日 2023年3月
基軸通貨(トークン規格) イーサリアム(ERC20)
発行数量 10億NIDT
公式サイト https://www.nidt.network/
売買できる取引所 DMMビットコイン・コインブック

ニッポンアイドルトークン(NIDT)は株式会社オーバースが提供する新しい暗号資産(仮想通貨)で2023年に発行された新しいトークン。

「Nippon Idol Token」は、ブロックチェーンやメタバースといった新時代の技術を活用してアイドルグループの活動を応援できることが魅力のトークンです。

仮想通貨NIDTの保有者は

  • NFTを利用したグッズ販売
  • アイドルへの投票や投げ銭
  • アイドルのコンサートやイベント等のチケットの購入
  • アイドル活動の運営における意思決定に関わる投票権

といったホルダー特典が得られ、アイドル活動の支援、応援ができます。

NIDTで推し活ができる新アイドル「WHITE SCORPION(ホワイトスコーピオン)」

「Nippon Idol Token」を通して応援できるアイドルグループが2023年10月に誕生した「WHITE SCORPION」(ホワイト スコーピオン)です。

1万人以上の応募者の中からオーディションを経て11人のメンバーが選ばれました。

秋元康氏がホワイトスコーピオンの総合プロデューサー

ホワイトスコーピオン 秋元康氏

(画像の出所:NIDT公式

そこのプロジェクトはAKB48や乃木坂46など数々のアイドルグループをプロデュースしてきた秋元康氏が総合プロデューサーを務めています。

秋元康氏がこれまで培ってきた経験、人脈がホワイトスコーピオンにも活かされることはNIDTの将来性に期待を持たせています。

NIDT保有者はメンバー選考に参加できた!!

ホワイトスコーピオン発表会見の様子

11人に絞る投票にWeb3・0が用いられた。運営企業のオーバースは4月のメンバー募集の際、新たな暗号資産「NIDT(ニッポンアイドルトークン)」を発行。NIDTにはグループのイベントチケット購入や、メンバー選びの投票の権利などが付いており、先行販売に申し込んだ人だけがファイナルステージ通過後の最後の投票に参加できた。(引用元:産経新聞

日本アイドルトークンの保有者はホルダー特典が得られることを先述しましたが、オーディション実施時、NIDTの保有者はメンバーを選ぶ投票に参加できました。

NIDT保有者はホワイトスコーピオンの活動に関わる意思決定に参加できることが魅力です。

📖こうした保有者向けの特典もありNIDTは当初1NIDT=5円でIEO(上場)しましたが、メンバー選考オーディションが進むにつれて価格が高騰し一時125円まで上昇。2024年1月時点では30円前後を推移(チャートは後述)

✅ 次の見出しからは「Nippon Idol Token」のより具体的な特徴を解説していきます。

暗号資産NIDT(日本アイドルトークン)の特徴

  1. メタバース内で新しいアイドル活動を応援できる
  2. ファンが望むアイドル活動を実現
  3. メタバースやWeb活用での積極的な海外展開

それぞれ解説します。

なお、より詳しい特徴や今後のロードマップなどは公式のホワイトペーパーを読むと理解が深まります。(参照元:NIDT White Paper(PDF)

①メタバース内で新しいアイドル活動を応援できる

IDOL3.0 PROJECT

従来のアイドルグループはコンサートやイベントが主な活動でした。

従来のアイドル活動に加えて新アイドル「WHITE SCORPION」はネット上の仮想空間(メタバース)も活用することによってリアルとバーチャールを行き来する新しい活動を実現する計画です。

今後メタバース上で

  • 仮想コンサート(オンラインでのコンサート実施)
  • 仮想イベント

といったファンとアイドルとの交流イベントなどが展開されていく模様。

また、暗号資産NIDTがメタバース内で流通することによって

  • NIDTの価値を継続的に維持、高めていく
  • NIDT保有者の参加意欲やアイドルを応援するインセンティブが働く

といったメリットが生まれる可能性が高いと言えます。

②ファンが望むアイドル活動を実現

従来のアイドルは大手芸能事務所やテレビ局、広告代理店などの意向が強く反映することは当然のことでした。

新アイドルグループ「ホワイトスコーピオン」は暗号資産NIDTの発行および販売によって幅広いファンやユーザーから活動費の資金調達をしています。

そのため旧来メディアなどからの影響がなく、自由な活動やファンの声を重視した活動が実現できるのが魅力です。

③メタバースやWebを活用した積極的な海外展開

デビュー曲「眼差しSniper」MVより

3つ目の特徴はメタバース上での多言語展開による全世界のファンとの交流です。

リリースする曲は日本語の歌ですが、メタバースやオンライン上の発信は日本語+英語などの多言語で行われます。

また、ファン同士の情報交換やコミュニケーションの場がメタバース上で提供されることで、従来にはない積極的な海外展開が図れることも強みになります。

✅仮想通貨NIDTの概要や特徴をざっくり理解した所で、次の見出しではこれまでの価格推移をみていきます。

NIDT(日本アイドルトークン)のチャート・価格推移

NIDT 日本アイドルトークン チャート

(チャート出所:DMM Bitcoin)

上記は2023年7月〜2024年1月までの仮想通貨NIDTのチャート、価格推移です。

ご覧のように8月頃からジワジワと上昇し2024年1月上旬時点では1NIDT=30円前後を推移しています。

NIDT(ニッポンアイドルトークン)はビットコインなど時価総額の高い暗号資産(仮想通貨)と違い、売買が少なく値動きが荒くなりやすいので注意が必要です。

✅次の見出し以降では仮想通貨NIDTの将来性や売買できる取引所を解説していきます。

日本アイドルトークンは儲かるか、仮想通貨NIDTの将来性はホワイトスコーピオンの活躍次第

「WHITE SCORPION」(ホワイト スコーピオン)

(画像の出所:WHITE SCORPION公式サイト

NIDT(日本アイドルトークン)の将来性、暗号資産を仕込んでおいて儲かるかどうかは、新アイドルグループ「WHITE SCORPION」の今後の活動や活躍次第と言えます。

2024年からホワイトスコーピオンはアイドル活動本格化へ

NIDT ホワイトスコーピオン

(WHITE SCORPIONのこれまでの歩み↑↑)

「ホワイト スコーピオン」は、

  • 2023年4月:オーディション応募が開始
  • 10月:11人の合格メンバーとグループ名「WHITE SCORPION」発表
  • 12月:デビューシングル『眼差しSniper』をリリース
  • 2024年〜:アイドル活動の本格化&NIDTトークンの使い道も具体化へ

まだデビューして半年ほどで2024年から活動が本格化していくグループです。

✅デビューシングル『眼差しSniper』のミュージックビデオ(4分11秒の動画↓↓)


今後、アイドル活動が本格化してくにつれ、ファンがチケット購入したりイベント参加することで応援できる環境も整っていくでしょう。

そして、NIDT(ニッポンアイドルトークン)を保有することで、

  • 限定特典を受け取れる
  • 活動内容を決める投票に参加できる

といった特典、施策が具体化していくことが期待されます。

そして、NIDT保有者が新アイドルの推し活をより楽しめる体験を実現することがトークン価値の高騰につながると考えられます。

NFTやブロックチェーンを活用した新時代の推し活の体験を提供できるかが、日本アイドルトークンの今後のカギとなっていくでしょう。

✅ 暗号資産(仮想通貨)NIDT(日本アイドルトークン)の特徴や今後の楽しみを理解したところで、以降では損をしない買い方を紹介していきます。

日本アイドルトークンが買える取引所は「DMMビットコイン」と「コインブック」

日本アイドルトークン 上場 IEO

日本アイドルトークンIEO実施時(上場)のリリースより。

ニッポンアイドルトークン(NIDT)は「DMM Bitcoin」と「coinbook」の2つの取引所で売買できます。

📖国内の暗号資産取引所の大手「コインチェック」や「ビットフライヤー」では取り扱いがありません。(2024年2月時点)

NIDT(日本アイドルトークン)を買うなら「コインブック」が損しない!!

仮想通貨NIDTは2つの取引所で売買できることを先述しましたが、実際に取引するなら「コインブック」で売買する方が手数料を安く抑えられるため損しません。

その理由はNIDTのスプレッド幅(売買の価格差)のちがい⬇️にあります。

NIDT 取引

上記は2つの取引所でのNIDTの取引画面⬆️です。

ご覧のようにDMMビットコインでは売買の価格差が大きく、仮想通貨NIDTの売却価格は購入価格の1/2程です。

これはつまり、買った直後に売る場合は購入価格の半値ほどでしか売れないということになっています。それに対してコインブックでは売買価格に大きな差がありません。

結論として、仮想通貨NIDTは売買価格差の小さい「コインブック」での取引が損をしない選択となります。

【2024年2月29日まで】コインブック」はNIDT購入応援キャンペーン中!!

コインブック キャンペーン NIDT 10000円相当
【2024年2月29日まで】NIDT(ニッポンアイドルトークン)が買える取引所「コインブック」では新規口座開設して1,000NIDT以上を購入すると1万円相当のNIDT🎁がもらえるチャンス!!

日本アイドルトークンをまずは少額だけでも持っておきたい方は、今がボーナスチャンス!!

✅コインブックの特徴や口座開設の手順は以下の別記事で解説しています
>>【2/29まで】コインブックのキャンペーンで1万円分NIDT当たる!!

まとめ:NIDT(日本アイドルトークン)は将来性、今後が楽しみな仮想通貨!!

ブロックチェーンやメタバースといった新時代の技術を活用して新アイドルグループ「ホワイトスコーピオン」の活動を応援できることが魅力の暗号資産(仮想通貨)NIDT「日本アイドルトークン」について解説しました。

「WHITE SCORPION」(ホワイト スコーピオン)

  • 2023年10月に結成
  • 2023年12月にデビューシングルをリリース

と歴史が浅く、活動を本格化していくこれからが楽しみなアイドルグループです。

暗号資産NIDT「日本アイドルトークン」を少額でも持ってみて新時代の推し活を体験してみましょう。

最後までお読み頂きありがとうございます!

【2/29まで】「BITPOINT」口座開設キャンペーンで2,000円分ビットコインGET!!

ビットポイント キャンペーン ビットコイン 2000円

本記事で紹介している仮想通貨NIDTが売買できるコインブックと合わせて持っておきたい取引口座が幅広い通貨が取引できる「BITPOINT(ビットポイント)」2月29日まで

  1. 無料口座開設で1000円分
  2. 最低500円〜:1回以上の取引でさらに1000円分

合計2000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン中。この機会にビットコイン投資を始めたい方向け。

✅2000円分のビットコインがもらえるキャンペーンの参加手順は以下の別記事で解説してます
>>【2/29まで】ビットポイントのキャンペーンで2000円もらえる!!