成長著しいベトナムの株式や新興国株、利回り投資サービスを解説中

【新登場】iFreeNEXTベトナム株インデックスの評判と特徴を徹底調査してみた!!

プロモーション ベトナム株&新興国投資 日本から投資

ベトナム株投資をスタートしたい人 「ベトナム株の投資信託を買ってみたいけど、どこも手数料が高いのがネック。おすすめの低コストなベトナム🇻🇳投信があればおしえて!!」

こんな疑問に答えます。(記事更新日:2024年7月9日)

ベトナム株🇻🇳へ少額から気軽に投資を始められる投資信託があれば買ってみたいと思ったことはありませんか?

そんなあなたが注目したいのが2024年6月末から運用開始した国内初のベトナム株インデックスファンド「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」💹

今まで日本の証券が扱うベトナム株の投資信託はすべてアクティブファンドで信託報酬が高めでしたが、「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」は信託報酬0.781%と米国株のファンドと比べてもコスト面で遜色なく、選択肢に入るファンドに。

まずはこのファンドが具体的にどんな商品なのか理解しておき、成長著しいベトナムへ投資を始めましょう!!

この記事を読むと、

  • 「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」の特徴
  • 「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」の構成銘柄
  • 「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」と合わせて比較したい投資信託
  • 「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」が買える証券会社

がわかります!!

iFreeNEXTベトナム株インデックスの概要【国内初のベトナム株インデックスファンド】

ファンド名 iFreeNEXT ベトナム株インデックス
運用会社 大和アセットマネジメント
設定日 2024年6月28日
信託報酬 年率0.781%(税込み)
新NISAでの取引 新NISA成長投資枠の対象
取り扱い販売会社 SBI証券/楽天証券/マネックス証券
ファンドの公式ページ https://www.daiwa-am.co.jp/special/vietnam/

「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」は2024年6月28日に運用がスタートした国内初のベトナム株インデックスファンド。

ベトナム株の投資信託では信託報酬が0.9899%のアクティブファンド「イーストスプリングベトナム株式ファンド」が最も低コストなベトナム株ファンドでしたが、それ以上に低コスト、信託報酬が0.781%のベトナム株ファンドが新しく出てきました。

iFreeNEXT ベトナム株インデックス 0.781%
iFreeNEXT FANG+インデックス 0.7755%

Facebook(メタ)、Amazon、Netflix、Googleといった米国の大型テック株10銘柄へ一括投資ができる「FANG+」と呼ばれる投資信託の信託報酬が0.7755%。

つまり、「FANG+」とほぼ同等のコストでベトナムの主要企業へ一括投資ができるインデックスファンドというとよりイメージがしやすいかと。

これまでベトナム株への投資に興味はあったものの手数料などでハードルを感じていた日本国内の投資家にとって一番有力な投資の選択肢になりそうです!!

✅次の見出しからはiFreeNEXT ベトナム株インデックスの特徴を解説。

iFreeNEXTベトナム株インデックスの特徴

運用会社の公式サイトにある「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」は以下のように説明されてます。

「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」は、ベトナムの株価指数であるVN100指数(配当込み、円ベース)に連動する投資成果を目指す、国内初のインデックスファンドです。ベトナムは、新興国の中でも相対的に高い経済成長を続けていることに加え、地理的優位性により中国に替わる新たな製造拠点として世界的に企業から注目を集めています。(引用元:大和アセットマネジメント

ベトナム株になじみのない方にとって「VN100指数」って言われてもピンと来ないですよね。

VN100指数は平たく言うと、ベトナム株式市場に上場する400以上ある上場株のなかで時価総額や流動性の高い上位100銘柄を対象とした指数

「VNインデックス」と「VN100」2つの指数を比較

ちなみにベトナム株では「VNインデックス」と呼ばれる指数の変化が日々最も注目されています。

VNインデックスとVN100の2つの指数のちがいを以下の表に示しています。

VN100 VN インデックス
銘柄数 100銘柄 395銘柄
構成 VN30+VN Midcap70銘柄 ホーチミン証取に上場するすべての銘柄
時価総額 1万7920億ドル 2万210億ドル

(※2023年1月時点のデータ。参照元の記事:Zalo Pay Blog)

ざっくり言うとVNインデックスはベトナム株式の中で大型株を取り扱うホーチミン証券取引所に上場するすべての銘柄をベンチマークとしているのに対し、VN100はトップ100銘柄をベンチマークにしています。

VN100指数の推移【直近5年】

vn100指数 推移

(チャート出所:Trading View)

上記チャートは直近5年のVN100指数の推移です。

ご覧のようにここ5年のベトナム株式市場は株価が激しく上下に動いてきました。

チャートをみてもわかりますが、2019年からベトナム株投資を始めた筆者がここ5年の相場を要約するなら

  • 2020年3月:コロナショックで株価が急落
  • 2021年〜22年上期:ベトナム国内で投資ブーム、投資人口が急増し相場が熱狂、史上最高値を記録
  • 22年上期以降:不動産市場の急激な冷え込みにより株式相場も急落
  • 23年半ば以降〜24年上期:相場が徐々に回復。

という感じです。

もちろん、個別銘柄をみていくと全体の相場の影響をあまり受けずに株価が右肩上がりに上昇している銘柄もありますが、ベトナム株式市場は市場が熱狂してるときになんとなく個別株を買ってみる👉結果、大きな含み損を抱えてしまう方も少なくありません。

📖筆者が2024年6月時点でチャンスを見出しているベトナム株の個別銘柄については以下noteで徹底解説しています。

※有料なので本当に興味のある方だけ無料部分をご覧頂ければ>>【ベトナム株】VN30銘柄で損失リスクが低く手堅く株価上昇が見込める可能性が高いたったひとつの銘柄を徹底解説

そうした意味でも、インデックスファンドを毎月積み立てていくのがベトナム経済の中長期の成長の恩恵をうけられる投資のやり方かなと思います。

✅次の見出しからは「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」の組入上位の銘柄についてカンタンに紹介していきます。

iFreeNEXTベトナム株インデックスで組入比率が高い上位3銘柄【※公式サイト上は未発表なため現地証券の類似ETFから推測】

iFree NEXTベトナム株インデックスの目論見書から。

「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」は運用開始したばかりの投資信託ということもあり、運用会社の「公式ページ」や「目論見書」をみてもファンドの具体的な構成銘柄に関する情報は載っていませんでした。(※2024年6月29日時点)

ただ、先述したVN100指数をベンチマークとした投資商品はベトナム現地の証券会社がすでにETF(上場投資信託)として運用しています。それが「FUEVN100」です。

VN100 ETF

(画像と下記データの出所:ベトナム金融情報サイトVietstock

そこで「FUEVN100」の構成上位銘柄を確認してみました。

「FUEVN100」の組入率が高い上位3銘柄は以下。(※組入率は2024年6/27時点のデータ)

  1. IT大手FPT:7.54%
  2. 商業銀行テクコムバンク:5.77%
  3. 鉄鋼大手HPG:5.13%

この3銘柄で全体の2割弱を占めています。

どんな企業なのか、それぞれカンタンに紹介。

IT大手FPT

FPT

ベトナムIT最大手。ソフトウェアアウトソーシングやオフショア開発が主力事業。

その他にもIoT/DX/クラウド/ブロックチェーン等のIT関連事業を展開。

外国人の個人投資家が個別株で買うのが難しい銘柄=外国人枠に空きのない状況が多い人気の企業です。

✅ベトナム株で外国人が個別銘柄を買うまえに知っておきたい外国人枠については以下の別記事で解説しています>>【ベトナム株】FPTが買えないワケは外国人枠に。確認方法を解説

大手民間銀行のテクコムバンク(TCB)

テクコムバンクはベトナムの大手銀行。ベトナム国内で有数の民間商業銀行です。

ベトナム全土に300以上の支店、ATMを保有。1993年に設立、2018年にホーチミン証券取引所へ上場。

ベトナム国内で

  • 食品大手:マサングループ
  • 国営航空会社:ベトナム航空
  • ベトナム最大のコングロマリット:ビングループ

といった大口の法人顧客との関係が強く、そうした法人を通じて個人ユーザーも増やしています。

また、住宅ローン、住宅購入向けの融資事業に強みを持っています。

鉄鋼大手ホアファット(HPG)

ホアファット

ホアファットグループ(HPG)はベトナム最大手で東南アジア最大の鉄鋼会社です。

建設用鋼材や鋼板、鋼管の生産販売が主力事業。

ホアファット 工場

ホアファットの工場

鉄鋼生産のほか、ここ数年は事業の多角化に注力しており家具の生産販売やエアコンや浄水器、空気清浄機などの家電製品の販売も手がけています。

世界的な鉄鋼需要の高まりと共に中長期での事業成長が期待される企業です。

iFreeNEXTベトナム株インデックスの評判、口コミ

運用開始したばかりですが、国内初のベトナム株インデックスファンドということでX(旧Twitter)上では「早速買ってみた」という口コミや評判が出てきています。

iFreeNEXTベトナム株インデックスと比較検討したい投資の選択肢

ベトナム

iFreeNEXTベトナム株インデックスと比較検討したいベトナム株投資の選択肢として以下2つが挙げられます。

  1. 米国上場のベトナム株ETF「VNM」
  2. 2022年に運用スタートしたアクティブファンド「イーストスプリングベトナム株式ファンド」

iFreeNEXTベトナム株インデックスは国内初のベトナム株インデックスファンドであることを売りにしていますが、米国上場のベトナム株ETF「VNM」も実は以前から日本の証券会社からベトナム株のインデックス投資ができる選択肢として存在しています。

ベトナム株ETF「VNM」はETF(上場投資信託)なので個別株と同じように売買できます。2024年6月末時点で1株が約12ドルなのでざっくり2000円あれば1株買えます。

ただ、投資信託とはちがい、100円から積み立てといったことはできません。

✅ベトナム株ETF「VNM」については別記事でくわしく解説しています
>>おすすめのベトナム株ETF「VNM」を徹底解説

また、ベトナム株の投資信託ではひと足早く2022年に運用をスタートしているアクティブ投信の「イーストスプリングベトナム株式ファンド」も信託報酬が1%以下ですでに2年間の実績もあるので投資信託を買いたいのであればこちらも比較検討したい投資信託です。

✅通称プラスαベトナム「イーストスプリングベトナム株式ファンド」については別記事で解説しています
>>イーストスプリングベトナム株式ファンドの評判と魅力を徹底解説
✅「イーストスプリングベトナム株式ファンド」のほかにもあるアクティブファンドやベトナム投資信託でおすすめできる選択肢については以下の記事で網羅的に解説しています
>>【2024最新】ベトナム投資信託のおすすめ

iFreeNEXTベトナム株インデックスが買える証券会社

紹介してきた

  1. 2024年6月末に新登場した国内初のベトナム株インデックスファンド「iFreeNEXTベトナム株インデックス」
  2. アクティブファンドで低コストなベトナム投信「イーストスプリングベトナム株式ファンド
  3. 米国上場のベトナム株ETF「VNM

がいずれも買える証券会社は「マネックス証券」です。

また、3つとも2024年から開始した新NISAの成長投資枠での取引もできます。

iFreeNEXTベトナム株インデックス」&「米国上場ETF【VNM】」が買える「マネックス証券」の口座開設は【最短5分】オンラインで完結

マネックス証券 iFreeNEXTベトナム株インデックス
「おすすめのベトナムインデックスファンドとETFがマネックス証券から買えるのはわかったけどまだ口座を持ってない」「マネックス証券の口座開設はどうやったらいいかおしえて」
✅ オンラインで手続きが完結し最短で翌日から取引できるマネックス証券の始め方は以下の記事で解説しています>>マネックス証券の口座開設手順

まとめ:iFreeNEXTベトナム株インデックスは100円からつみたて投資を始めたい人向け

国内初のベトナム株インデックスファンド「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」について解説しました。

6月末に運用をスタートしたばかりのファンドでまだ情報が少ないところもありますが、これまで以上に低コストなベトナム株の投資信託なので、日本の投資家からベトナム株市場への投資が増えそうです。

そして、VN100指数=ベトナムを代表する100社へ投資していくファンドなのでベトナム経済の長期的な成長とともに伸びていくファンドかなと。

また、今まで出ていたベトナム株の投資信託はアクティブファンドのみでしたが「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」はインデックスファンドなので、

  • 毎月の積み立ては「iFreeNEXT ベトナム株インデックス」
  • 投資したい銘柄があれば個別株へ投資

というスタイルでベトナム株投資をやっていくのがよいやり方かもですね。

✅【最後に】記事の感想などをひとことツイート頂けるとブログを続ける励みになります。こちらからサクッとできます>>感想をツイート

最後までお読み頂きありがとうございました。ではでは!

SBIや楽天証券より損なく米国株が買える「moomoo証券」が太っ腹キャンペーン中

moomoo証券 紹介キャンペーン ムームー証券

SBI証券や楽天証券より米国株や米国ETFの売買手数料が安いことが魅力のmoomoo証券がキャンペーン中。【2024年4月スタート】moomoo証券は無料口座開設+入金でもれなく全員アップルやテスラなどの人気銘柄4株がもらえます!!

✅キャンペーン詳細は以下の記事で解説中↓↓
>>【紹介コードあり】moomoo証券キャンペーンで人気銘柄4株GET
⚠️引用・転載について⚠️
本記事は筆者の調査や経験、各種メディア記事などをもとに作成しています。
記事内の文章や画像を引用、転載する場合、当サイトのリンクを貼り付けたうえで取り扱いをお願いいたします。

error: Content is protected !!